どうも、こっさんです!
いつもご訪問ありがとうございます。

本日は長々とやっている
タロスの出産時の話でーす。

最初から読みたい方は⇒コチラからどうぞ


手術台に上がり、麻酔も効いて準備はバッチリ!

先生の「手術を開始します」の合図で
チャカチャカと何やら始まった模様。

カーテンかけられているし何もみえないので
ただひたすら天井を見ながら黙って待つしかない状態。

ここで看護師さんとお喋りする人もいるのですかね?
私はしゃべったらダメかなと終始黙っていました。

数分すると


1507085625140

気付かぬうちに開腹されたようだ。

マジでわからない。

今、私のお腹はパックリ開いているのだと思ったら笑える←




1507085623886

めっちゃ物理的に押し出すんだな!!
帝王切開って!!

お腹の上の方をぐっぐっと押されている感覚
めちゃくちゃ気持ち悪かった。

感覚ないのに気持ち悪かったww


と何回か押したら


1507085624515


産まれたみたい。

全然感動がない出産でした←


赤ちゃんって生まれた瞬間、産声を上げるんじゃないの?
出てきたはずなのに泣き声が聞こえない。

「うまれたよ」
と言われたのにその後何も言われない。

1507085623293

これって大丈夫なの?



と思っていたら


1507085625767
(天井です)


数回、小さな泣き声が聞こえた。

数回で泣き止んだ。

力強いとはお世辞にも言えない泣き声でした。



看護師さんから「泣いたねー!よかったねー!」という声も。



そのあとたぶん身体を綺麗にしたり、色々測定したりしたあと、私の隣へ連れてきてくれました。


1507085622739


第一印象



「お義父さんそっくり…!」







冗談はさておき。


今この瞬間生まれたばかりの赤子が
自分のお腹の中にいて、これから愛し育てていかなければいけないという実感は



正直湧いてきませんでした。



母性が爆発することもなく
可愛いと思うこともなく


ただ連れて来られたこの子に、どう接したらいいのかわからなかった。



それでも

1507085626326


この生まれてきたわが子を
これから立派な大人になるまで
責任をもって愛し、育てていかなければいけないんだよな。


と思ったら


1507085622010


なんでやねん。






臨月になっていながら心の準備もできていなかった中で、いきなりの帝王切開

嬉しいよりも何よりも「不安」が一番大きかったです。




ただ、この時一番感じたのは
「この子が大人になるまでは死ねないな。」というものでした。






少しの間だけ私の隣で寝た赤ちゃん、もとい「タロス」は

やっぱりちょっと調子が悪いのですぐに保育器に入れられてNICUへ連れていかれました。






この間、私の腹は開いたまんま












手術を始めてから生まれるまでは30分もかかりませんでした!
そのあとお腹を閉じたりの処置があるので全部合わせて1時間ほどの手術でした。


この後しばらく入院中の話を描いたら
色々と端折った話をいれて終わりたいと思いまーす。


こんなに長く書いてたら読むのも描くのもめんどくさくなるよね!
私もめんどくさい!←



ありがとうございましたー

続きはコチラです。


こっさんでした!





ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング