どうも、こっさんです!
いつもご訪問ありがとうございます。

家族紹介は→コチラをどうぞ☆

【タロスの妊娠・出産話】の続きです!

最初から読みたい場合はコチラからどうぞー。


では、本編。

前回の最初の方に点滴の話も書きましたが
私がしていたのはウテメリンでした。

チラッとだけ調べたら他にも薬はあるみたいですが
そこらへんは詳しくないので…

ウテメリンも最初は1時間に落ちる量が少なめから始めて、それでも子宮の収縮?お腹の張り?が
落ち着かないようであれば、徐々に量を増やすようになっているみたいです。


それで私はというと…全く覚えていません!

ぼへーっとされるがままに点滴されていましたw

ただ徐々に量を増やしていた記憶だけはあります!
(ただそれだけ!)

ウテメリン点滴、副作用も多少ありまして
(個人差で副作用の程度もめちゃくちゃ違うみたいですね…!)

私の場合はたぶんそこまでひどくなかったのですが


鼓動が早くなったり、身体が火照ったり
1503725134348

手が震えたりくらいでした。

1503725136026

(点滴の針の入れ替え後の抜かれた方の手はなかなか悲惨でしたw)


手の震えは文字を書いたり、
ご飯食べるときはちょっと大変でしたw



それでもしばらくすると身体が慣れてきたので
私はホント副作用は軽い方だったと思います。


そして34週から入院して
診察は週に1回

1503725135387


妊娠後の内診ってなんであんなに痛いんだろうね!


そこで子宮頚管の長さをはかるんですが
1503725137231

全然伸びなかったみたいです!

結局、毎週内診しては

「退院できるかな?」と期待し

そして落胆するという繰り返しでした。




そして正期産になる37週に
やっと退院できることに!

1503725136621


やふー!!
やっと退院できるぜ!

やっと自由だ―!


と思っていたのと同時に


1503725138256


迫りくる赤ちゃん誕生と陣痛


徐々に徐々に出産に現実味が帯びてきまして
(まだ現実味なかったんかい)



1503725137780


いつ来るかわからない陣痛に
おびえる毎日の到来です。




続きはコチラです。




こっさんでした!






ブログランキング・にほんブログ村へ