どうも、こっさんです!
日曜日ですね!
しばらくしていなかった書籍紹介です。

ちなみに今朝もう一つ更新しています




タロスの読書感想文の本を見に行った時に
なんだか気になったので購入してみた本です!


2017-08-20-21-06-03

学校では教えてくれないピカピカ自分磨き術
もうふりまわされない!
怒り・イライラ

監修・名越康文




タロスへと購入しました。


たしかどこかの記事で
「タロスはカッと怒ってしまうときがある」
ということを書いたことがあると思うのですが


怒ったり何かあったときは
今でも
どうして怒っているのか、もしかしたら違うのじゃないのか
カッと怒る前にすこし落ち着いてみよう
言葉を使ってみよう

と伝え続けていますが、


本好きなタロスには
耳からの伝達だけよりも
目からの伝達の方が有効ではないか?

と思いまして、たまたま見つけたものですが
何か役に立つかもと購入しました。


絵が多い方がきっと読んでて飽きないかなと思ったんですけど



2017-08-20-21-09-22

思ったより字が多かったw

(上の方にある黒い塊は気にしないでくださいw)



2017-08-20-21-08-41


こんな感じで

1章 怒りってなに?

という怒りについての説明。
怒るということは決して悪いことではないということから始まり


2章 怒ってしまったときどうする?

という対処法をいくつかあげられ


3章 怒りにくい自分になろう!

と、自分が怒るときのクセを理解して
なるべく「怒りにくい自分」を目指そう!となり


4章 怒りをじょうずに伝えよう!

で、相手により正確に、どういう風に自分が「怒っている」かを伝えていこうという内容です。




怒るのは怒られる側も
怒る側もとてもとてもエネルギーがいると思います。

怒ってばかりいる子ども(大人でもいいです)が
近くにいたら、周りの人は「いやだな」と思うでしょう。

怒っている人は理不尽に怒っているわけでなく
何か自分にとって嫌なことがあったから怒っているのに
「怒りの伝え方」がヘタクソなせいでうまく周りに伝えられない。

そういうこと、あると思うんです。

そしてタロスはその
「怒りの伝え方」がヘタクソなのです。


上手く伝えられるようになるには
それはもう何度も練習が必要だと思いますが
伝えられるようになった時はには、
ホントにお互いに気持ちが良いと思うのです。

まだ8歳?もう8歳?
人によっては「まだ」と言う人も
「もう」と言う人もいるでしょうが

これがもう10歳になったとき
12歳になったとき
今よりも穏やかな怒り方になっていたらいいなと思って。



という大それたことは考えていませんが←

自ら得た知識は忘れにくいと思うので
少しでも脳みその片隅に残ればいいなというレベルで購入しました。


大人でもためになることが書いてあるので
小学生向けに書いているので読みやすいので

「ついつい怒りすぎてしまって嫌になっちゃう」

って方は読んでみてもいいかもしれません!
(あ、私のコトか←)


ってなわけで


Amazonさん


楽天さん
もうふりまわされない! 怒り・イライラ (学校では教えてくれない ピカピカ 自分みがき術) [ 名越康文 ]
もうふりまわされない! 怒り・イライラ (学校では教えてくれない ピカピカ 自分みがき術) [ 名越康文 ]


書店でもあると思います~!



こっさんでした!