どうも、こっさんです!
いつもご訪問ありがとうございます!

現在プレゼント企画を行っています!
よろしければお気軽にご参加ください!


では、本日のお話。


1500391612321


タロス、キノコが小さいころは
経済的にも精神的にもギリギリで

「こうしてあげたい」
「ああしてあげたい」

と考えるところまで至れていませんでした。


しかし、ジロウが生まれ、経済的にも精神的にも余裕のある育児をしていると


タロスやキノコの時にはしてやれなかった
あんなことやこんなこと
ジロウにはしてあげたいなぁ


と思って、できるだけやっています。


ホント些細なことですが

絵本を催促されればすぐに読むとか
お気に入りの可愛い服を着せるとか
いろんな遊び場に連れていくとか



「そんなことさえもしてやってなかったのか」

と言われそうですが


していませんでした。


それくらいギリギリで
気持ちがそちらに向いていなかったのです。


キノコの時はそれなりにしていたけど
タロスが赤ちゃんの頃は
本当にその日その日を暮らすのに精一杯で
「楽しむ」という余力は全くありませんでしたねw


それはジロウが可愛いからというわけではなく
本当はタロスやキノコにもしてやれたらよかったことだけど、できなかったから
せめてジロウだけでも…という思いです。



そんなことを考えていると
ふと昔のことを思い出しました。


1500391611870



私には10才以上離れた妹がいるのですが

私が子供のころはされたことがなかったことを
妹に普通にしている母を見ては
こうやって悪態をついていましたw

記憶をたどると
私もちゃんといろんな所へ連れて行ってくれたり
おいしいものを食べさせてくれたりしてたんですけどねw

でも、ちょっと友達のところへ遊びに行くのに送り迎えつきとか
ひな祭りのひな人形を毎年飾ってるとか
部活の大会には毎回見に来るとか
練習に付き合うとか
道具購入に文句を言わずに買うとか

本当に些細なことなんだけど

「私の時はこうだったのに!」

と思うことがあるのですよねw


まぁ他にも色々あったと思うけど思い出せないのですがw
とにかく「母は妹を甘やかしてる!ずるい!」と思っていました。

10歳以上も離れているのにww




しかしそれも

母は別に妹だけを特別視して甘やかしているわけでなく
私の時には離婚とかしてたし
色々と余裕がなくてできなかったことを
せめて妹にはしてやりたいなと思ってしているのかもしれない。


1500391611399


まぁ、なんていっても「最後の子育て」ですしね!


「最後」と思うと、こうも一瞬一瞬を大事にしてしまうのかと
身をもって感じておりますw

それでも時は流れるのはすごく早いです。


離婚して、シングルマザーで
高校生の娘(姉)と小学生の娘(私)
色々してやりたいという気持ちが出てこないほど



1500391610942



子どもだった私は

「(新しい)父親との子の方が大事なんだ」と

心のどこかで思っていたところがありました。


でも母はいつでも精一杯育児をしていて

妹の時には経済的にも精神的にも余裕ができて
色々とやってあげたいと思ってやっているのかもしれない。


今の私のように。




大人になって、親になってやっとわかる親の気持ち

そうか、これが

1500391610097



と、思いました!




姉から言わせると


「お前も十分甘やかされとるけどな!」



らしいですw




こっさんでした!




ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチポチしてやってください!